部門紹介

看護部

看護師長 松本 孝子(まつもと たかこ)

ご挨拶

看護師長 松本 孝子(まつもと たかこ)

私たちは地域に貢献できる医療をめざし、看護が果たすべき役割を看護職員一同共有し、他部門と協力しながらチーム医療の実践に努力しております。
また患者さまと共に協力し、安心・満足できる看護の提供をしてまいります。

町田胃腸病院の理念でもあるホスピタリティの心で ― 何より優しさと思いやりを持った心で患者さまと対話し、 ご意志を尊重し、その立場になった看護を行ってまいります。
また、看護師ひとり一人が専門職としての技術や知識のみだけでなく、看護師としての自立と、 人として成長できるように日々研鑽を続けてまいります。

  • 病棟主任 綱嶋洋子 小池幸江
  • 外来主任 山中弥生

看護部の理念

ホスピタルの原点であるホスピタリティの心で看護を行います。

看護部の基本方針

看護部は病院の理念に基づき病院がその機能を十分に発揮するために次のような役割を担い、病院運営に関与いたします。

  1. 看護の質の向上に努め、患者さまと協力して患者さまが満足できる看護を提供します。
  2. 安定した療養環境を整え、患者さまの尊厳を尊重し、その立場になって看護を行います。
  3. 他部門との協力体制をとると共に、安全で必要に応じた看護技術を提供します。
  4. 患者さまに看護技術の提供と指導を行います。
  5. 看護部で働く人も満足できる職場環境を整えます。
  6. 看護職員の院内・院外研修を行い、専門知識・技術の向上、改善を図ります。

内視鏡センター

内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を受ける前には、漠然とした不安を感じたり、検査はつらいと考えている方が多いのではないでしょうか。
内視鏡センターでは安全かつ苦痛の少ない内視鏡検査を効率よく実施できるよう配慮しております。
希望される方には、鎮静剤を使用して検査を受けていただくことができます。
また、当センターでは食道癌・胃癌・大腸癌などの消化管癌の早期発見により安全で質の高い内視鏡治療が提供できることを目標としています。
消化管の癌の内視鏡切除は、外科手術にくらべて低侵襲の(体に大変やさしい)治療法です。
正確な診断と治療方針についてわかりやすく丁寧な説明を心がけ、適切な治療法の選択を患者さんとともに考え行っています。

内視鏡センター長 寺本 忠(てらもと ただし)

内視鏡センター長 寺本 忠(てらもと ただし)

  • 平成2年 日本医科大学医学部卒業
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本外科学会 認定医・専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本消化器病学会 専門医

内視鏡検査担当看護師

  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡技師
  • 看護師 山中弥生
  • 准看護師 桃井純子

薬局(薬剤科)

薬局長 中村 仁美(なかむら ひとみ)

薬局長 中村 仁美(なかむら ひとみ)主な業務としては、医師の処方せんに従って、入院患者さまへの服薬指導、内服薬・外用薬等の調剤、注射薬の調剤、抗癌剤の調剤、特殊製剤の調製、医薬品情報の収集と情報提供などがあります。 そのほか、医薬品の適正使用を推進しています。

  • 薬剤師:3名 事務員:1名

放射線科

医師が外来患者様や入院治療をお受けになる患者様の的確な診断に必要な画像情報を提供するために、各種画像検査装置を用いた撮影業務を担当しています。
現在、放射線科では、放射線を用いたレントゲン検査、各種造影検査(血管造影・注腸・胃透視など)、CT検査の他、超音波検査などを行っています。

画像診断機器利用オープンシステムのご案内

放射線科では、地域連携推進のため画像診断機器利用のオープンシステムを開始いたしました。
当院で検査のみを必要とされている患者さまをご紹介いただき、検査フィルム、CD-Rは当日患者さまへ直接お渡しさせて頂くか、または後日ご紹介元の先生へ郵送とさせて頂くこともできます。
放射線専門医によるCT読影所見につきましては3~4日後、ご紹介頂いた先生宛てに郵送させていただきます。

>画像診断機器利用オープンシステムのご案内

ご利用頂ける診断機器(16列マルチスライスについて)

ご利用頂ける診断機器(16列マルチスライスについて)平成24年12月に導入致しました東芝製16列マルチスライスCTは広範囲を高速撮影。
高画質3次元ソフトウェア搭載により3次元画像が作成でき、自動で骨を認識し削除、臨床価値の高い診断情報が得られます。
また、被ばく低減機能も搭載されており、患者さまへの不要な被ばくを抑えることが出来ます。 体脂肪面積計測ソフトウェアにより体脂肪面積や皮下脂肪面積を計測、それぞれの蓄積を観察できます。

ご利用方法

画像診断機器利用オープンシステムの受付は放射線科にて承ります。

TEL:042-726-6511(代表)/ FAX:042-726-8893(専用)
月曜日~土曜日(木曜日を除く):8時30分~17時30分

関連資料ダウンロード

CT検査予約申込書 兼 診療情報提供書(PDF形式:43KB)
造影検査を受けられる方へ(PDF形式:423KB)
X線造影検査問診票および同意書(PDF形式:259KB)

放射線技師長 長田 芳夫(おさだ よしお)

放射線技師長 長田 芳夫(おさだ よしお)スタッフ
診療放射線技師:4名 事務員:1名

臨床検査室

私たち「臨床検査技師」は、新しい専門知識・検査技術を習得し、検査分野のプロとしての自覚と責任を持ち、迅速で正確な検査結果の提供、チーム医療への参画の実践に努めています。
具体的には、臨床検査は検体検査と生理検査に大別され、町田胃腸病院では以下のような内容の業務を実施しています。

  • 生理検査
    人に電極などを装着し機械を介して検査を実施します。
    代表的なものとしては、心電図、肺機能、動脈硬化検査などがあります。
  • 検体検査
    血液、尿、喀痰、便など人から採取された検体と呼ばれるものを検査します。 輸血検査、多方面にわたる検査を担当しています。
  • 輸血検査
    輸血療法が必要になったとき、その輸血によって副作用が起こらないよう、事前に検査を施行し、血液製剤を準備します。
    また、その血液製剤を常に安全に使用していただくための管理も、責任をもって行っております。

検査科長
水谷 たか子

スタッフ
臨床検査技師:4名

栄養科

治療のうえでも、健康を維持・増進するためにも欠かせない食事サービスにおける、食事内容の管理、栄養管理・指導教育などに取り組んでいます。

栄養科長 吉永 みずほ(よしなが みずほ)

栄養科長 吉永 みずほ(よしなが みずほ)スタッフ
管理栄養士:1名 調理師:3名 調理補助:3名

入院中の給食(行事食)のご紹介

1月 2月 3月
お正月 七草 節分 ひな祭り
▲お正月 ▲七草 ▲節分 ▲ひな祭り
5月 7月 9月
端午の節句 七夕 土用丑の日 敬老の日
▲端午の節句 ▲七夕 ▲土用丑の日 ▲敬老の日
9月 10月 12月
秋分の日 体育の日 クリスマス
▲秋分の日 ▲体育の日 ▲クリスマス

事務部

町田胃腸病院の事務部門は、医療事務と病院運営・病院内外の整備・総務等の業務を担当しております。
病院の窓口でもある医療事務担当は「安心、信頼を頂けるようどなたにも心を込めた対応」をスローガンに日々の業務に努めております。病院運営の担当は医療法人の方針の則りその達成にむけ励んでおります。また病院を訪れる患者さまに気持ち良く過ごして頂けるよう内外の保守、整備を心掛けています。

事務長 坂東 信一 (ばんどう しんいち)

事務長 坂東 信一 (ばんどう しんいち)スタッフ:12名

TOPへ