大腸ポリープ切除

大腸ポリープとは

大腸表面の粘膜の一部がイボ状に盛り上がったものを大腸ポリープと言います。ポリープの組織によって、腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられます。大腸ポリープの中でも生じる頻度が最も多いのが腫瘍性ポリープ腺腫です。この腫瘍性ポリープは良性の病気ですが、時間と共に大腸がんになる可能性があります。したがって、腫瘍性ポリープを発見した場合は、良性の段階で早期に切除することで大腸がんを予防することができます。

大腸ポリープの症状

自覚症状がほとんどありません。とくに小さいポリープの場合は無症状です。ポリープのできた場所が肛門の近くだった場合、血液が便に混じって出てきたり、粘液が付着した便が出たり、便が細いなどで気付くことがあります。

大腸ポリープの原因

日本で増加傾向にある大腸ポリープの主な原因は、食生活の欧米化にあり、動物性脂肪の多く含んだ食事をはじめ、過度のアルコール、喫煙、肥満などの生活習慣の乱れとされています。そのほか、遺伝性大腸がんなど、もともと大腸ポリープや大腸がんのできやすい人もいます。

当院の大腸ポリープ切除について

内視鏡的治療

内視鏡検査でポリープを発見した場合は、検査中にポリープを摘出することが可能です。

日帰り・入院どちらも対応できる

大腸の病変は、放置するとがん化する可能性が非常に高いため、ポリープなど小さいうちにできるだけ切除することが重要です。大腸ポリープは、外来・日帰りで内視鏡的治療が可能なものと入院が必要な場合があります。入院治療も当院で対応可能です。

切除中・切除後の痛みがない

内視鏡的治療は、ポリープを切除している最中も切除後も基本的には痛みがありません。痛みに弱い方や不安な方でも安心して治療を受けて頂くことができます。切除後は、多少の制限がありますが通常の生活を過ごすことが可能です。

内視鏡的治療の方法

ポリペクトミー

内視鏡の先端から出るワイヤーをポリープの根本部分にかけて通電して焼き切ります。5~10㎜程度の茎をもつポリープに有効です。焼き切ったポリープは把持するか吸引して回収します。

コールドポリペクトミー

切除に用いる器具には特殊な細工がされているので、小さなポリープは通電せずに切除することができます。切り取ってもほとんど出血しない画期的な方法です。小さなポリープがたくさんある患者さんに適しています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

内視鏡の先端から注射針を出し、ポリープの粘膜下層部分に生理食塩水を注射すると、ポリープが浮き上がりこぶ状になります。こぶ状になったポリープをワイヤーで引っかけて高周波電流で焼き切ります。少し大きめのポリープや平坦なポリープに有効です。

切除後の注意点

ポリープの大きさや切り取り方によって、制限の程度や期間が異なります。内視鏡的治療での大腸ポリープ切除後は、飲酒に加えて腹圧のかかる激しい運動や仕事、長時間の運転や旅行を控えてください。数日の軽い制限の場合もあれば、2週間ほどかかる場合もあります。切除当日は、入院でない方は消化の良い食事を軽めにとります。ゆっくりと普通食に戻していきましょう。入院が必要な方は切除当日禁食となります。
ポリープ切除治療は、短時間で簡単に終了しますが、合併症のリスクが必ずしもゼロではないので注意が必要です。ポリープの切除後は、出血や穿孔などの合併症が発生する可能性があります。また、大量出血が起こる場合もあり、その際は内視鏡を使った止血処置が必要になります。したがって、切除後は食事をはじめ生活面において一定の制限をお願いしています。術後に、ずらすことができない仕事や出張、旅行の予定が入っている方は検査や治療日を変更してください。

抗凝固剤・抗血小板剤の服用中の方

ほかの疾患で、血液をサラサラにする薬を服用中の方は、ポリープ切除手術の前後一定期間は中止する必要があります。現在服用している薬によって、中止する期間は異なります。
薬を中止することにリスクがある方は、ポリープ切除をせずに抗血小板剤や抗凝固剤を継続したまま観察のみ実施する場合があります。ポリープの摘出が必要な場合は、入院加療するのがほとんどです。内服薬の中止については、主治医との相談が必要です。

TOPへ